民法改正に対応した契約書の作り方

ビジネススクール

講座名

民法改正に対応した契約書の作り方

開催日

令和2年9月14日(月)13時30分~15時30分

場 所

佐世保商工会議所 3階会議室 ※受講者用の駐車場はございません

受講料

無料  ※会員・非会員問わずどなたでもご参加いただけます。

定 員

20名

講 師

大森 靖之 氏 (行政書士大森法務事務所 代表)

ねらい

本年4月に120年ぶりに民法(債権法)が改正・施行されました。本講座前半では、約200項目に及ぶ「改正・民法(債権法)」の中から、押さえておきたい重要ポイントとトラブルを防ぐ注意点などについて説明をし、後半では、日常業務ですぐに役立つ契約書の作り方について雛形を使って分かりやすく解説します。

カリキュラム

1.民法(債権法)とは?改正の全体像について

2.民法改正で押さえておきたい5つのポイント

  ①消滅時効期間の変更   ②保証に関する改正

  ③定型約款の変更     ④契約解除の見直し

  ⑤契約不適合責任(瑕疵担保責任)

3.契約書を作る際に注意したい3つのポイント

  ①範囲  ②期間  ③金額

<実習編>

  ①業務委託契約書(請負契約書)の作り方

  ②売買契約書の作り方

  ③賃貸借契約書の作り方

 

印刷用PDFデータはこちらをクリックして下さい。

本講座は、制度改正に伴う専門家派遣等事業にて実施します。

お問い合わせ先

ビジネススクール TEL:0956-22-6121

 


<<戻る