経営支援の新着情報

経営支援

食品表示基準に係る新ルール適用について

食品表示基準に係る新ルール適用について
~経過措置期間は2020年3月31日まで~

 食品表示法(2015年4月1日施行)は、2020年3月31日に経過措置期間が終了し、加工食品の原材料名表示のルール変更、添加物の明確な区分表示、栄養成分表示の義務化などが適用されます。
 また、原料原産地表示制度(2017年9月1日施行)は、2022年3月31日に経過措置期間が終了し、全ての加工食品に対して原材料の産地表示が義務づけられます。食品関連事業者は、上記それぞれの経過措置期間内に、新ルールに基づく食品表示に切り替える必要があり、食品表示基準が守られない場合には行政による立入検査・指示・命令および罰則の対象となります。

 

詳しくは下記リンク先をご覧ください。

消費者庁資料「早わかり食品表示ガイド(事業者向け)」


<<戻る